dsatsuki’s blog

無職40代の雑記

逃げるは恥だが役立たず

こんにちは、佐月です。


姉2人が仕事のことで話し込んでいました。内容は「忙しい」とか「疲れた」とかのうろ覚え聞きです。話してる最中に離れていきました。また私にとばっちりがくるとも限らんですし。


「そんなの気にしない!!」と母は言ってくれるのですが、そのとばっちり受けて大ダメージ喰らうの私だから!!


それにこんな世間様に顔向け出来ない無職のみっともない妹が視界に入るだけで、2人の精神に悪影響を与えるのなら、私はスゥーッと自分の部屋へ逃げます。


まあ姉2人が仲良く喋ってると、どこかに行くという変な癖は昔からですね。何かいたたまれなくなるというか。姉たちと何気ない話(バカ話とか世間話とかその類)をするのが苦手なのです。


よく三姉妹が仲良く話でキャッキャッうふうふ盛り上がるシーンがドラマとか漫画等でありますよね。私にはそれが信じられないんですよ。遠い異次元世界としか思えません。まあ私が頭おかしいだけ?!


まあ元々人の輪の中、仲間内だけで話してる最中に「何話してるの〜?」とズカズカ入っていくのが苦手なところがありまして。


例えばAさん、Bさん、Cさんという仲良し3人組がいるとしますよね。その中でもAさんとBさんは昔からの古い友人、Cさんはつい最近2人と仲良くなったばかり。3人で話をしててもその内AさんとBさんが2人だけしか知らない話を始めて盛り上がる、その内容を知らないCさんは1人ポツンと置いてけぼり…。


…上手くまとまりましたか?何か着地点がよくわからないような…。


以上、まとまりのない佐月でした。


それでは、また。