読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dsatsuki’s blog

無職40代の雑記

私的オススメ本

こんにちは、佐月です。

 

今回は私のお勧めの本についての記事です。特に家族関係、とりわけ兄弟姉妹関係に悩んでいる方、また錐通し既成の道徳に不満を持っている方にお勧めです。紹介する本は寺山修司『家出のすすめ』です。

 

 

家出のすすめ改版 [ 寺山修司 ]

価格:518円
(2017/5/24 21:37時点)
感想(2件)

 

その中でも第1章「兄弟喧嘩をしよう」は「兄弟(姉妹)仲が悪い。どうしても仲良くできない」という人には救いになると思います。

 

「兄弟の仲が悪くたっていいじゃないか。一生絶交したってよろしい」

 

という物騒な(笑)ことを書いております。普通こんなことを言う人は中々いません。「兄弟(姉妹)とは仲良くしろ」と言う人が多数です。

 

兄弟円満話の毛利元就の三本の矢については「この話を聞くたび腹が立つ」とまで書いてます。私もこの「三本の矢」の話は好きではありません(笑)。...まあ私事は置いといて...。

 

「兄弟が仲良くすることが大事がそんなに大事なのだろうか。血縁者以外を愛すなと聞こえる。他者と縁を作ってもいいじゃないか。他の者を愛してもいいではないでしょうか」

 

別に兄弟仲に恵まれずとも、実の兄弟以上に他人と縁を築いていけばいいー

 

私事で恐縮ですが、自分もきょうだい仲について悩んでいた時にこの本を読んで、気が楽になりました。これこそ私が求めていた答えです。まだ読んでないという方は、ぜひ一度読んでみてください。

 

...ちなみに寺山修司独自のサザエさん論も展開されています。ここまでサザエさんに妄想を抱く人もそうそういないと思います...。

 

以上、佐月でした。

 

それでは、また。

 

 

 

 

スニッカーズ

今週のお題「おやつ」

 

こんにちは、佐月です。はてブのお題に参加するのも4回目。ちょうど「何の記事書くべかなー」と頭が煮詰まってたところにジャストタイミングなお題が。そんなワケで私が一時期はまっていた「おやつ」の記事です。

 

日雇いでチラシ&ティッシュを配る仕事をしてました。その仕事を終えた帰りに何故かコンビニに寄って「スニッカーズ」を買って食べてました。そう、「お腹が空いたら食べるチョコ」のアレです。

 

 

【送料無料】マース53gスニッカーズ ピーナッツ シングル24本(12本×2セット)※北海道800円・東北400円の別途送料加算

価格:3,017円
(2017/5/24 21:19時点)
感想(0件)

 

 

スニッカーズ」を必ず買って駅のホームで食ってました。脳天にくるような甘じょっぱい味が仕事した後の疲れを、ほんのすこしだけ吹っ飛ばしつくれた気がしました。駅のホームで1人「スニッカーズ」を食う女、周囲から見たら、不気味に見えたことでしょう。

 

あともう1つ、自分で作ったコーヒーゼリーに一時期はまってました。決して「美味い!」と言えるシロモノではありませんでした。むしろ「…不味いっっ!」でした。なのに懲りずに作って食べていた…。何故か自分でもよくわかっていない。でも知らない内にこのマイブーム終了。買って食べた方がよっぽど美味いことが判明したからです。

 

以上、佐月でした。

 

それでは、また。

逃げるは恥だが役立たず

こんにちは、佐月です。


姉2人が仕事のことで話し込んでいました。内容は「忙しい」とか「疲れた」とかのうろ覚え聞きです。話してる最中に離れていきました。また私にとばっちりがくるとも限らんですし。


「そんなの気にしない!!」と母は言ってくれるのですが、そのとばっちり受けて大ダメージ喰らうの私だから!!


それにこんな世間様に顔向け出来ない無職のみっともない妹が視界に入るだけで、2人の精神に悪影響を与えるのなら、私はスゥーッと自分の部屋へ逃げます。


まあ姉2人が仲良く喋ってると、どこかに行くという変な癖は昔からですね。何かいたたまれなくなるというか。姉たちと何気ない話(バカ話とか世間話とかその類)をするのが苦手なのです。


よく三姉妹が仲良く話でキャッキャッうふうふ盛り上がるシーンがドラマとか漫画等でありますよね。私にはそれが信じられないんですよ。遠い異次元世界としか思えません。まあ私が頭おかしいだけ?!


まあ元々人の輪の中、仲間内だけで話してる最中に「何話してるの〜?」とズカズカ入っていくのが苦手なところがありまして。


例えばAさん、Bさん、Cさんという仲良し3人組がいるとしますよね。その中でもAさんとBさんは昔からの古い友人、Cさんはつい最近2人と仲良くなったばかり。3人で話をしててもその内AさんとBさんが2人だけしか知らない話を始めて盛り上がる、その内容を知らないCさんは1人ポツンと置いてけぼり…。


…上手くまとまりましたか?何か着地点がよくわからないような…。


以上、まとまりのない佐月でした。


それでは、また。









誕生日

こんにちは、佐月です。


5月某日、誕生日を迎えました。これで1つ歳を取りました。まあ別に歳をとるのは自然の流れだからしょうがないんですけどね。


誰も祝ってくれませんでした。家族からも祝って貰えませんでした。当たり前だよな、こんなロクデナシを誰も祝福したくはないだろう。


まあ私も「誕生日だからお祝いしてぇ〜」なんてねだりません、ねだったこともありません。「誕生日プレゼントは○○がいいなあ〜」とかいうのもありません。欲しいものも思い当たりません。「美味しいものが食べたい」なんていう欲望もほとんどありません。


自分の誕生日なんてどーでもいい、なんだっていーわ、と無関心状態になってきました。自分が生まれた特別な日ではなく、ただ書類に記入するだけの数字記号にしか思えなくなってしまいました。


…まあ大人になる程、誕生日どころじゃなくなりますよね。


以上、やっぱり殺伐としてる佐月でした。


それでは、また。



ブログ収益


 

こんにちは、佐月です。


    

遅ればせながら私、この度A8.ネットに登録しました。そうです、アフィリエイト導入です。まだ始めたばかりの初心者ですが(笑)。

 

自分のブログで収益を得る、そんな魅惑の言葉に魅せられて(笑)、ネットで情報検索しまくりました。その中で、

 

「サイトやブログを始めたら、まずはA.8ネットに登録した方が良い」

 

との情報が多数。私も最初は「どうしよーかなー…」と迷ってました。でも迷っててもしょうがないので、思い切って登録しました。腰が重すぎだよ!佐月さん!!

 

A.8ネットはサイトやブログをもっていなくても登録できます。A8.ネット側からファンブログ(無料)を用意してくれます。

   ⇩

  

 

アフィリエイト始めてみようかな」考えている方は、是非、登録してみてくださいね。

 

・A.8ネットへの登録の仕方


①登録情報入力欄に自分の氏名、メールアドレス等を入力します。


②登録した後、メールが送られてくるので、記載されているURLをクリックします。


③次にログインID、パスワード、口座情報、サイトやブログを持ってる方はURL等を入力します。必要事項を全部入力し終わったら、本登録完了です。


④その後A8.ネットにログインして、自分のサイトやブログに貼る広告を選んで申し込みます。


⑤審査が通ったら(「プログラム承認」というメールが送られてきます)広告に貼ることができます。


以上、大まかな流れを説明しました。


それでは、また。


佐月でした。

 

 

 

 

 

まさかの勧誘

こんにちは、佐月です。


今から3年前、日雇いでユニ○○倉庫で作業に行った時の話です。


そこの現場である女性と仲良くなりました。確か先方から話かけてきて、一緒にお昼を食べたり、休憩時間に話したりで、それから電話番号とメルアドを交換しました。


2、3日後に連絡があり、「上野で一緒に食事しませんか?」とのお誘い。私は「OKです。予定は空いてます」と色よい返事。この後禍いが待っているとも知らずに…。


約束通りにJR上野駅で待ち合わせして、普段入らないようなオシャレなカフェで昼飯。その時相手の女性(仮にMさんとします)の元に見知らぬ女性が。するとMさん、


「この人、私の友達の○○さん。彼女も一緒にお昼いい?」


そうだったんですか、どうぞどうぞと違いに挨拶と自己紹介。その後店内に入り、食事へ。


その間中、話が盛り上がるが、Mさん、唐突に自分の過去の話をしだす。以下、このような内容。


Mさん「私ね、昔は色々ツラい経験したの。でもそんな時この○○教に出会って救われたの」


私「!!!!!?????」


そしてMさんのお友達もこの○○教というものがいかに素晴らしいかを力説。Mさんと一緒に宗教内容や教組がいかに偉大であるかを説明。聞いている私、身体中冷や汗が走る。そしてトドメの一言、


「佐月さん、是非○○教に入らない?」


…ギャ、ギャフン!!!!!食事に誘ったのは勧誘目的だったのか!いや、最初から入ってくれそうな人に目星をつけてたのか、だから私に話しかけて連絡を取り付けたのか。全てが解った。


尚もしつこく勧めてくる2人に、


「私、急用が出来たから」


と、さっさと会計を済ませて逃げる。するとMさん追っかけてきた!


「私、佐月さんが不幸そうだからって誘ったんじゃないの」


いや、今更そんなとってつけた理由ききたくないです。「とにかく急がなきゃいけないから」云々適当な理由をつけてその場を去りました。


それ以降、Mさんとは連絡をとってません。メルアドも電話番号も消しました。


全く友情は実りませんでした。


以上、佐月でした。


それでは、また。



無頓着に見えてこだわりがある髪型

今週のお題「髪型」


こんにちは、佐月です。


はてブのお題3回目ですね。


さてお題の「髪型」ですが、わたしのヘアスタイル、かなりイケテナイです。結構なくせ毛なので雨の日にはボカーンと広がります。


「じゃあストレートパーマかけりゃいいだろ」


と、なりますが、髪のことで全然悩んでないのでくせ毛のままです。いや、メンドくさいからです。美容院に長時間拘束されるのがしんどいんです。


ちなみに寝ぐせも人に注意されなければ直さない(気づかない)人間です。女性として終わってますね。 


じゃあタイトルの「こだわりがある髪型」ってどういうことだ?!アンタ身だしなみに構わないズボラじゃねーか!!


そう突っ込みたくなりますよね。実はこだわりがあるのです。


それは前髪を眉毛より上に切らないことです。もっと言えば目を隠すような髪型をしています。


何でそんな鬱陶しいヘアスタイルしてんだ?!と、多くの方は疑問に思うでしょう。私は顔の出る髪型はあまり好きではないのです。理由は…


感情を隠しているつもりでも、簡単に表情に現れるのを隠す為です。嫌な顔をすぐにしてしまうと指摘されまくります。


それに悩んだ末、「顔を覆い隠すぐらい前髪伸ばせばいいかも!」と、珍妙な答えに行き着きました。


今ではすっかり「お前は鬼太郎かよ!!」と見紛うような髪型になりました。私が前髪を切る時は欠点を克服した時でしょう。


以上、佐月でした。


それでは、また。